冷蔵庫 移動 業者

冷蔵庫の移動業者@格安で運ぶ方法はこれ!

冷蔵庫 配送 格安

 

冷蔵庫 配達 格安

 

冷蔵庫 輸送 格安

 

冷蔵庫 移動 激安

 

 

冷蔵庫は大きなものになると100kgを超えるため、自分で移動させるのは簡単ではありません。
危険なので、動かしたいなら業者に依頼しましょう。

 

では冷蔵庫を運んでくれそうな業者とはどこでしょう?

 

冷蔵庫を運んでくれそうな業者は、便利屋、大手の宅配業者、引越し業者が考えられます。

 

便利屋は1人当たり1時間の作業代が3000円+出張費2000円で、車両を使う場合はさらに3000円かかります。
おそらく2人で運ぶので13000円程度かかる計算になります。
作業が1時間で終わる場合、つまり家の中での場所移動やごくごく近所への運送であれば便利屋がおすすめです。

 

しかしちょっと1時間では作業が終わらない場合、運送先が遠いは宅配業者か引越し業者になります。
宅配業者は同一県内で約16000円、東京ー大阪間で約19000円の配送料でした。

 

この金額が安いのか高いのか比較したくても、冷蔵庫を運んでくれる宅配業者はそんなになくわかりません。
郵便局のゆうパックは最大30kgまでしか運べませんので、残念ながら対象外です。

 

引越し業者は数が多いので、もしかしたら宅配業者よりも安く配送してくれるかもしれません。
東京都の引越し業者で検索すると、1500件以上ヒットします。

 

具体的な金額は見積もりを取ってみないとわかりません。
多くの引越し業者が「冷蔵庫だけを運ぶ」「大型家具だけを運ぶ」というサービスを行っています。

 

今は冷蔵庫だけ運んで欲しい場合も一括見積もりが出来ますから、是非一度見積もりを取ってみませんか?
宅配業者よりも安く配送してくれる業者が見つかるといいですね。

 

冷蔵庫移動安い

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ライフル引越し
引越し

・住まい探しのライフルの引越し
・はじめての引越しにもおすすめ
・あなたに合った業者とは

 

 

冷蔵庫の準備手順

中身を空っぽにして、電源を切って霜を取ります。
冷蔵庫が運搬中に開かないようにして、少し持ち上げて冷蔵庫の下に毛布を滑り込ませます。

 

後は移動したい場所まで行くだけなのですが、ここで問題が・・・。
段差があるところでは、この方法は難しいのです。
さらに、大きくて重いので物件の壁や床を傷つける可能性が高いです。

 

引越し費用を安くするために自分でやったら、かえって修繕費が高くつく場合もあるので、一度引越し業者に見積もりを取るのが最善だと思います。

 

できるだけ格安で!とお考えでしたら、引越し業者一括見積もりをするのが1番簡単で有効な方法です。

 

引越し業者って、冷蔵庫だけでも運んでくれるの?と思うかもしれませんが、大きな家財だけ運んでもらって小さいものは自分で運ぶという方法を取られる方も少なくありません。

 

もっと格安にしたいなら、他の】人が引越ししない日を狙いましょう。
土日祝日、午前中、大安、月末などは引越しが多くなりますので、値引き交渉が難しいのですが、平日の午後や仏滅は狙い目です!
でも、引越し業者も忙しくなると値引き交渉どころか依頼自体を断られることもありますので、早めに一括見積もりしておくといいですね。
新居の住所がわかったら、できるだけ早く行動しましょう!

 

 

引越しの準備と大まかな手順

 

引越し準備手順

 

引越しにはすることがいっぱいあります。
おおまかな流れを把握しておくだけでもかなり楽になりますから、ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品はできるだけ処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんが、これはまず新居が決まってからでないと正確な金額が算出できません。
なぜなら新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。
物件までの道が狭くてトラックが入れないこともあり、そういう時は人海戦術となるため費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからがオススメです。

 

さて次は不用品の処分です。
新居でゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶ費用がかかるのでとても勿体ないのです。
不用品は売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。転出届を出さないと新居での手続きが進みません。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
方法は会社によって違いますので、各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらうと便利です。

 

さて新居に郵便物が届かないのは困りますね。
引越し前に最寄りの郵便局に行き、「転送届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
ただ貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分の管理で運びましょう。
もしもの時に破損しても保険で解決できないものは自分で運んだ方が安心です。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。こちらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらは急を要さないのでうっかり忘れがちです。引越ししたら早めに行きましょう。