冷蔵庫 移動 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

引越し 粗大ゴミ

 

粗大ゴミを捨てるタイミングというのは難しいですね。
ついつい手配が面倒になってまた今度・・・と家の中の置き去りにされることもあります。

 

引越しはそんな捨てれなかった粗大ゴミを処分する大チャンスです。
しかし粗大ゴミを捨てるのには燃えるゴミを捨てるのと違って手間もお金もかかります。

 

まずは粗大ごみの中に家電リサイクル法で定められた家電があるかどうか確認してみましょう。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。

 

これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店、新しく購入する家電量販店、自治体などに連絡をして有料で引き取ってもらう必要があります。
もしこれらの家電を購入したお店が近くない場合やすでに無い場合は、お住いの自治体に相談してください。

 

これらは不法投棄の多い家電なので、きちんと営業許可のある業者に適切に処分してもらってください。

 

粗大ゴミというのは一辺が50センチ以上あるものやゴミ収集車を傷つける可能性のある石油ストーブやガスコンロなどです。
粗大ゴミを処分する方法は2通りあります。
@回収に来てもらう方法(有料)、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

@回収に来てもらう方法
まず粗大ごみを処分している施設に連絡をして回収に来てもらう日を予約します。
その後コンビニなどで「粗大ゴミシール」を買って貼り付けます。粗大ゴミシールは家財の種類によって値段が違います。
指定日時までに指定場所に置いておけば、回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法
自分で持って行く場合でも予約が必要です。いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くか伝える必要があります。
予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。最初と最後に車の重さを量ります。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。