冷蔵庫 移動 業者

冷蔵庫の移動業者@格安で運ぶ方法はこれ!

冷蔵庫 配送 格安

 

冷蔵庫 配達 格安

 

冷蔵庫 輸送 格安

 

冷蔵庫 移動 激安

 

冷蔵庫は大きなものになると100kgを超えるため、自分で移動させるのは簡単ではありません。
危険なので、動かしたいなら業者に依頼しましょう。

 

では冷蔵庫を運んでくれそうな業者とはどこでしょう?

 

冷蔵庫を運んでくれそうな業者は、便利屋、大手の宅配業者、引越し業者が考えられます。

 

便利屋は時間給なので、作業が1時間で終わる場合、つまり家の中での場所移動やごくごく近所への運送がおすすめです。

 

宅配業者は同一県内で約16000円、東京ー大阪間で約19000円の配送料がかかります。
家財便を扱う宅配業者は少ないため、この金額が高いのかそうでないのか判断できません。

 

引越し業者は数が多く、家財のみを運ぶサービスがあるので狙い目です。
だた費用は見積もりを取ってみないとわからないので、一括見積もりをしてみましょう。

 

複数の引越し業者から見積もりを取って比較することで、最安値の業者も見つけることができます。

 

冷蔵庫移動安い

 

ちなみに郵便局のゆうパックは最大30kgまでしか運べませんので、残念ながら対象外です。
すべての料金が出そろってから、どこに依頼するか決めてはいかがでしょう?

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

冷蔵庫の準備手順

中身を空っぽにして、電源を切って霜を取ります。
冷蔵庫が運搬中に開かないようにして、少し持ち上げて冷蔵庫の下に毛布を滑り込ませます。

 

後は移動したい場所まで行くだけなのですが、ここで問題が・・・。
段差があるところでは、この方法は難しいのです。
さらに、大きくて重いので物件の壁や床を傷つける可能性が高いです。

 

引越し費用を安くするために自分でやったら、かえって修繕費が高くつく場合もあるので、一度引越し業者に見積もりを取るのが最善だと思います。

 

できるだけ格安で!とお考えでしたら、引越し業者一括見積もりをするのが1番簡単で有効な方法です。

 

引越し業者って、冷蔵庫だけでも運んでくれるの?と思うかもしれませんが、大きな家財だけ運んでもらって小さいものは自分で運ぶという方法を取られる方も少なくありません。

 

もっと格安にしたいなら、他の】人が引越ししない日を狙いましょう。
土日祝日、午前中、大安、月末などは引越しが多くなりますので、値引き交渉が難しいのですが、平日の午後や仏滅は狙い目です!
でも、引越し業者も忙しくなると値引き交渉どころか依頼自体を断られることもありますので、早めに一括見積もりしておくといいですね。
新居の住所がわかったら、できるだけ早く行動しましょう!

 

 

引越しの準備と大まかな手順

 

引越し準備手順

 

引越しにはすることがいっぱいあります。
おおまかな流れを把握しておくだけでもかなり楽になりますから、ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品はできるだけ処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんが、これはまず新居が決まってからでないと正確な金額が算出できません。
なぜなら新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。
物件までの道が狭くてトラックが入れないこともあり、そういう時は人海戦術となるため費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからがオススメです。

 

さて次は不用品の処分です。
新居でゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶ費用がかかるのでとても勿体ないのです。
不用品は売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。転出届を出さないと新居での手続きが進みません。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
方法は会社によって違いますので、各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらうと便利です。

 

さて新居に郵便物が届かないのは困りますね。
引越し前に最寄りの郵便局に行き、「転送届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
ただ貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分の管理で運びましょう。
もしもの時に破損しても保険で解決できないものは自分で運んだ方が安心です。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。こちらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらは急を要さないのでうっかり忘れがちです。引越ししたら早めに行きましょう。

 

 

引越し業者のオプションとは?

 

冷蔵庫 移動 オプション

 

引越し料金は人件費+交通費、それにオプション費用を加えたものです。
引越し業者の行っているオプションサービスとは次のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプション依頼の中で一番多いのはエアコンの移設なのだそうです。
エアコンはもともと賃貸の部屋に付いていないところも多いため、自分で購入して取り付けることも多々あります。
自分で購入したものですから、新居にも持って行きたいと当然思いますよね。

 

しかしエアコンは電器屋でないと取り外しが難しいので、自分で業者を手配するしかないのです。
通常は引越し前と後に1回ずつ手配しなければなりませんが、引越し業者であればその必要がありません。

 

同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

荷物の一時預かりはどんな時に便利なのでしょう?
例えばリフォームや建替えで一時的に引越しをする方々です。
仮住まいに一軒家分のすべての荷物を入れるには、そこそこ大きな物件を借りなければなりませんので、不経済です。
そういう時に一時預かりが大変便利なのです。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

引越しと挨拶

 

冷蔵庫 移動 挨拶

 

引越しのあいさつは、引越し前か引越し当日に行くのが一般的なのだそうです。
ご存知でしたか?
遅くても引越し翌日までには挨拶に行きましょう。

 

なぜこんなに早く行く必要があるかと言いますと、引越しのときにトラックを停めたり、ドタドタ足音がしますから「騒がしくてすみません」という意味合いがあるからです。
後になるほど誠意が感じられにくいのです。

 

そしてもうひとつ、後まわしにすればするほど、挨拶に行くのが面倒になるからです。
廊下や駐車場、道路でバッタリあってから、挨拶に行くのはなんとなく気まずいものです。

 

ではどのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょう?
一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。
手ぶらで行く方もいますが初対面ですから、粗品を用意するのがオススメです。
熨斗に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらうことができますね。

 

高級な粗品である必要はありません。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品などが人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。

 

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶ

 

冷蔵庫 レンタカー

 

トラックをレンタルして自分で冷蔵庫を運べば配送費用が安いのでは・・・?
実際はどうなのでしょう。

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶ条件は@距離が近いこと A人手があること

 

まず配送先が遠くだとレンタカーで自分で運ぶのは難しいです。
時間がかかればかかるほど、レンタル料がかさみます。

 

レンタカーでの運搬中に背の高い冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うととても怖くてスピードも出せませんから時間がかかってしまいます。
最後にガソリン代を満タンにしてから返さなければなりませんので、少し早めにレンタル会社に向かわかねばならないのです。
時間に追われると気が焦り、とても危険です。

 

冷蔵庫を運ぶ時は、手伝ってくれる人が必要です。
冷蔵庫は大きなものだと100kgにもなりますから、普通の人が1人で動かすことはまずできません。
トラックに載せるのに持ち上げないといけないので、できれば男性が2人欲しいところです。

 

トラックの1日レンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかりますが、もしこれだけで配送できるなら安いと言えますね。

 

しかし注意しないといけないのは、冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
冷蔵庫を無理矢理引きずって動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの冷蔵庫の配送は近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し業者の訪問見積もりとは?

 

引越し 訪問見積もり

 

引越しをする場合はまず、引越し業者に見積もりを取る必要がありますね。

 

近年、ネットでの一括見積もりがメジャーになってきました。
しかしちょっと昔は、引越し会社に電話をして営業担当者に見て来てもらって、査定を依頼する訪問見積もりが主流でした。

 

ネット見積もりのほうが簡単ではありますが、やはり一度自宅まで来てもらって実際の荷物の量や物件の形などを見てもらう訪問見積もりは、金額が正確です。
引越し当日になって、トラックに荷物が入りきらない、予想外の事態により追加料金がかかるなどのトラブルが少ないです。

 

荷物の多い人や大きな家具のある方、物件の廊下や玄関が狭い、エレベーターが小さいなど不安のある方は、できれば訪問見積もりを予定しておくとトラブル回避になります。

 

しかし訪問見積もりは、無理矢理契約させられてしまうんじゃないかとか、ダンボールを置いて帰ってしまうなど心配なことも。

 

押し売り行為は違法ですので、引越し業者はクーリングオフに応じなければなりません。
意に沿わない契約は解約できますし、ダンボールは使わなければ返品できます。

 

引越し業者の雰囲気も大事ですから、感じの良い引っ越し業者と契約したいですよね。